陰部 黒ずみ パンツ

陰部の黒ずみをパンツ選びで改善

黒ずみ悪化させないパンツの使い方黒ずみは刺激で悪くなると障害しましたが
パンツの選び方ひとつで黒ずみの汚れを買ってきます。

 

陰部の黒ずみはパンツでも悪化する

 

また皮膚科でお金を高いお金を出して治療してもパンツをちゃんとしたもの
を使っていないとまた黒ずみが再発しますので注意しましょう。
下着の選び方ですが、麺やシルクのものを使うことです。

 

それは刺激が弱くて肌に近い素材宝です。
考えてみてください。
石油からできたポリプロピレンなどのポリエステルのような素材は肌に合うわけがないです。

 

ハリ肌によいのは天然の素材からできたものが資源といえます。
そしてポリエステルなどで出来ている下着は水気を保ちやすく保湿とは関係なしに濡れてしまう原因にもなります。

 

ですので綿やシルクでできている下着を選ぶようにしましょう。
シルクでできている下着なんてなかなか見つかりません。

 

から大方の方は綿の100%の下着を買うことになるでしょう。
デリケートゾーンの黒ずみは彼氏の目線が気になるという方が多いと思いますが、
水着で水着姿になる時に友達見られたくないという方もいると思います。

 

そういう時は水着の選び方も重要です。
水着でuvカットが加工されているものが良いでしょう。

 

陰部の黒ずみはパンツでも悪化する

 

日差しは上からも下からも照り返しがありますので地面からも日焼けしていると思って間違いありません。
ですのでuvカット機能が付いた水着を使いましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみの正体は何ということですがメラニンです。

 

やけしないのにメラニン色素がたまるのはデリケートゾーンの嫌なところなぜメラニン色素がたまるのでしょうか。
それは下着などの摩擦があるからです。
下着を着ているとどうしてもパンツと肌が擦れます。
これが刺激となってメラニンが出てきます。

 

刺激が原因なのでお風呂でタオルで強くこすったりすると同じように刺激が加わります。
やめましょう。

 

そして刺激以外でホルモンバランスの乱れというのもあります。
ホルモンバランスが乱れるとメラニンの沈着が進むようになっています。

 

例えば妊娠中エストロゲンの数値が乱高下するとそれと一緒にメラニンが
たくさん放出されてそしてその上沈着がしやすくなっていますので乳首はデリケートゾーンの色が濃くなっていきます。

 

それ以外にもレーザー脱毛が原因になることがあります。
レーザー脱毛の原因はズバリ火傷を起こすことです。
これも刺激になるんですね。

 

陰部の黒ずみ対策